英語で自己紹介にチャレンジしてもらいました(Nanチャレ#1)

 

...英語で自己紹介にチャレンジしてもらいました(Nanチャレ#1)


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤ロイです。
 
Nanチャレの第1話について、今回はご紹介します。
 

 

 

 

 

 

 
Nanチャレの第1話
「#1 Nanjo、英語で自己紹介にチャレンジします!」
は、こちらからお聴きいただけます。
↓↓↓
 


 
皆さん、こんにちは!
 
イングリッシュ・ドクターの西澤ロイです。
 
実は僕、今年の1月からstand.fmで
「Nanチャレ」
こと
「Nanjo、英語にチャレンジします。withイングリッシュ・ドクター」
を配信しています。
 
もう聞いてくださった方もいるかな?(いてくれたら嬉しいな♪)
 
Nanチャレは、ラジオパーソナリティの南條亜紀子さんが
英語を学ぶチャレンジをする―というラジオ企画です!
 
Nanチャレをまだ聞いてないという方は
ぜひチェックしてくださいね!
 
Nanチャレを聞いていただくと、きっと皆さんも
南條さんに共感することや新しい発見があると思います。
 
さて、そんな本日はNanチャレの記念すべき第1回目
「Nanjo、英語で自己紹介にチャレンジします!」
をご紹介します。
 
突然ですが、あなたは英語で自己紹介ができますか?
 
「自己紹介? できません!」と思ったあなたは
「アイキャント症候群」
です!!
 
・・・アイキャント症候群???
初めて聞く方は頭にハテナが浮かんだと思います。笑
 
アイキャント症候群とは・・・
結構な数の英単語を知っていたり、英文法の
知識がたくさんあったりするにも関わらず、
「私は英語が話せない」と全否定してしまう英語病。
 
ちなみに、南條さんにも同じ質問をしましたが、
南條さんもばっちり「アイキャント症候群」でした!笑
 
「英語が話せないんです!」とアイキャント症候群を
炸裂していた南條さんですが、しっかり英語で
自己紹介してくれました^^
 
その全貌はぜひstand.fmでお聴きください
 
僕がこの回で皆さんに伝えたかったのは、
「まずは自分を認めること」!
 
英語学習に限らない話ですが、日本人には
自分に厳しい方が多いです。
 
大事なのは、他人と比較することではなく、
今の自分を認め、それを伸ばしていくこと――。
 
これが、とっても大切なんです。
 
この気持ちを持てば、
「アイキャント症候群」はすぐに克服できますよ!
 
ぜひ、今日から自分を認める第一歩を踏み出してくださいね♪
 
↓↓↓
 
#1 Nanjo、英語で自己紹介にチャレンジします!(10:19)
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    イングリッシュ・ドクター(英語のやさしい“お医者”さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、新刊『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』(SBクリエイティブ)など、計10冊で累計16万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。