私の英語力で英会話ができるのか不安です…(Nanチャレ#3)

 

...私の英語力で英会話ができるのか不安です…(Nanチャレ#3)


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤ロイです。
 
Nanチャレの第2話について、今回はご紹介します。
 

 

 

 

 

 

 
Nanチャレの第3話
「#3 私の英語力で会話ができるのか不安です…」
はこちらからお聴きいただけます。
↓↓↓


 
あなたは、どんな英語学習をしていますか?
 
TOEIC対策、単語の勉強、英会話、リスニング、シャドーイング・・・
 
世の中には今、たくさんの英語学習法が溢れていますよね。
 
そんな中、インターネットで調べては
「あれもこれも習得しなきゃ!」
と、頑張りすぎていませんか?
 
そんなあなたは
「ダブルラビット病」
かもしれません。
 
「ダブルラビット病」とは、ズバリ!
「二兎を追うものは一兎をも得ず」
を英語で表現したものです!笑
 
日本人にはとても真面目な方が多いので、
どうしても
「あれもしなきゃ」
「これもできなきゃ」
と求めるレベルが高くなってしまう傾向があります。
 
しかし、ことわざの通り、欲張って同時に
2つのことをしようとすると、
どっちも得ることができず、
一向に英語が上達しないという事態に……。
 
そんな「ダブルラビット病」のあなたに
効くお薬は「1つに集中」。

これに限ります!
 
英会話においても、相手の言っていることを
きちんと聞き取って理解して、
正しい発音でしゃべれるようになりたい!
と思う気持ちはとってもわかります。
 
ですが、まずは
“自分の言いたいことを英語で表現できるようになる”
ことが大事。
 
仮に相手の言っていることがわからなくても、
自分の言いたいことを伝えることができれば、
コミュニケーションはなんとかなるものです。
 
でも、自分の言いたいことを伝えられないと、
あなたも相手も次にアクションを起こす
ことができませんよね?
 
南條さんも真面目な人なので
「ダブルラビット病」になっていました。
 
Nanチャレ #3を聴いていただくと、
南條さんと共感する方もたくさんいらっしゃるはず!
 
Nanチャレを通して、ぜひ一緒に
「英語病」を治していきましょう♪
 
↓↓↓
 
Nanチャレ#3 私の英語力で会話ができるのか不安です…(7:05)
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    イングリッシュ・ドクター(英語のやさしい“お医者”さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、新刊『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』(SBクリエイティブ)など、計10冊で累計16万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。