仕事で英語が必要になり、グーグル翻訳を使っている人へのアドバイス

 

...仕事で英語が必要になり、グーグル翻訳を使っている人へのアドバイス


中学英語もままならないまま、グーグル翻訳のお世話に……

こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
以下のような相談メールをいただきました。
 

ロイさん、こんにちは。
私は4月から英語を使う部署に配属され、現在非常に困っています。
 
中学英語もままならないまま、海外の客先とメールをしなければならず、
いつもグーグル翻訳のお世話になっています。

 
こういう方、結構いらっしゃると思います。
 
英語力が全然足りていないのに、それでも
英語でメールのやり取りをしなければいけない。
 
そうすると、まずはとにかく目先の英語を処理
するしかありませんから、グーグル翻訳などの
出番となります。
 
相手の英語をきちんと理解できているのか、
また、通じる英語なのかどうかも怪しいけど、
とにかく仕事でやるしかない――。
 
そうやって頑張っている方のために、
「グーグル翻訳をただ使う場合よりも、
より正しく英語が理解でき、
より伝わる英文メールが書け、
英語力もアップしていく方法」

をご紹介したいと思います。
 

グーグル翻訳に100%依存してしまわないことが大事

Google翻訳は、英語が苦手な方としては
非常に重宝するツールだと思います。
 
ただし、機械に丸投げする形になってしまい
やすく、そうすると自分の英語力はいつまで
経っても上がりません。
 
機械はツールですから、うまく使わないと
(付き合わないと)いけませんよね。
 

1.英文メールを読む時

機械翻訳ツールがオススメできない理由

英文メールを読む時には、Google翻訳などの
機械翻訳ツールは、正直なところお勧めできません。
 
その理由は、誤訳をされていても気づけないからです。
 
例えば、conditionという単語には
「状態、体調」「状況」「条件」
など様々な意味合いがあります。
 
それを機械がうまく訳せるのか……?
これはAIがどれだけ発展したとしても、
永遠の問題として残るでしょう。
 

代わりに超オススメのスマホアプリがあります

ここの問題をうまく回避している、
英文を読む際の補助アプリがあります。
 
その名を「英読」と言います。
 
このアプリは、難しい単語だけに
日本語訳をつけてくれるんです。
 

 
レベル1~5までの設定ができ、
一番下の「レベル1」にすると、
中学2年レベル以上の単語全てに
日本語訳を表示してくれますよ。
 
訳を表示してほしい英文メールや
英語のドキュメントなどをコピーして
スマホアプリに張り付ければOK――。
 
非常に便利なアプリ「英読」は無料なので
ぜひ使ってみてください。
 

2.英文メールを書く時

英文メールを書く時には、グーグル翻訳などの
機械翻訳ツールに、日本語を丸投げしてはいけません。
 
翻訳ツールが「訳しやすい」日本語に
まず変換する、という「ひと手間」が大切なのです。

 
それをすれば、伝わりやすい英語に変換
される可能性がずっと高まりますし、
 
自分で英語を話そうとする際にも
とても役に立つんですよ。
 

保存版:翻訳ツールを活用して誰でも英文メールが書けるノウハウ

具体的なやり方については、リクナビNEXTジャーナルでの
連載記事でまとめてありますので、ぜひお読みいただけたらと
思います。
 
・超初級編:“翻訳ツール”を使って、誰でも簡単に英文メールが作れる
 
・初級編:いまどき、「デキない」とは言いづらい――英文メールの書き方
 

おまけ:Googleを活用して、伝わる英語が誰でも書けるテクニック

翻訳ツールではなく、Googleの検索機能を活用することも
できます。
 
これは中級者~上級者が密かに使っているテクニックです。
 
・中級編:伝わる英語が「誰でも書ける」テクニック――英文メールの書き方
 


  • ■イングリッシュ・ドクター西澤ロイからのプレゼント■
    あなたは、この英語音声が聞き取れますか?

    (全部で3問あります。以下の動画を再生してください)
    ↓↓↓

    リスニング問題の答え、および動画の続き(完全版、約2時間)を【無料】でご覧になるには、こちらをクリックしてください。