英語がうまく話せないことに凹んだり、間違えてばかりの自分をダメだと思う必要が、実は全く存在しない理由

 

...英語がうまく話せないことに凹んだり、間違えてばかりの自分をダメだと思う必要が、実は全く存在しない理由


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの
西澤 ロイです。

私の元には、よくこういうご相談が寄せられます。

いざ話そうとすると言葉が出ず、
時間が少し経つとこんなふうに話せば良かったかも…
と毎回へこんでしまいます。

その気持ちは分かりますが、
凹むのはもったいないことです。

なぜなら、凹む必要なんて、
これっぽっちも存在しないからです。

 

まず、そもそも論ですが、

私たちは英語を話す時に、
うまくできない/間違ってしまうのは
なぜでしょうか?

 

頭が悪いから?

そんな風に思う人もいらっしゃいますが、
頭の良さとも、能力とも、一切関係ありません。

 

私たちが間違ってしまう理由。

それは・・・

私たちの行動は、全て無意識に行なわれているからです。

「全部が無意識」というのではありません。

「無意識が先で、意識が後」からついてくるのです。

 

例えば日本語でも、書き間違いを誰でもしますよね。

それは、手が無意識に動いているからなのです。

そして、後から意識で「あ、間違った」と気づきます。

そこで、間違いを否定したって仕方ありません。

だって無意識なんだから。

 

専門的には「間違い」というのは2つに分類できます。

1つは、意識(頭)では分かっているけど、
無意識にやってしまう間違い。

それを「ミステイク(mistake)」と呼びます。

つまり「テイク2」「テイク3」で、やり直すことが
できるんです。

 

そしてもう1つは「エラー(error)」。

これは意識の上でも、間違っていることに気づいていない
ものを指します。

例えば、井上雄彦先生の「バガボンド」という漫画が
ありますが、あれは「Vagabond」なのです。

でも「Bakabond」、つまり「バカボン+ド」という風に
思っている人は少なくありません。

正しくは「バボンド」であり、
それは「エラー」なんです。
(信じられないという方はこちらをクリックしてご確認くださいw)

エラーの特徴は、指摘されるまで気づかないことです。

意識で間違ってますからね。

そして、知らないんだから仕方ないわけです。

 

さて、「ミステイク」に話を戻しましょう。

いざ話そうとすると言葉が出ず、
時間が少し経つとこんなふうに話せば良かったかも…

これは、誰でもあります。

頭でじっくり考えれば、もっといいことが言える。

でも、時間制限のある中で無意識に・・・となると
思ったようにはできません。

それも仕方ないことです。

だって無意識なんだから。

 

凹んでしまったり、自分を責めてしまったりして
しまうのは、本来の自分がもっと「できる」ことを
知っているから。

そして、英語に対する「やる気」があるから。

でも、そのせっかくのやる気を、仕方のないことで
自分を否定する方向に使うのはもったいないです。

ぜひ上達する方に使いませんか?

だから、間違った時に大切なことは、
その「違い」を修正することです。

次回のチャンスが「テイク2」になります。

それまでに、無意識にできるように練習しておき
ませんか?

「テイク2」がダメでも、何回でも挑戦できます。

だから、ぜひ修正していきましょう。

***

都内(池袋)で英語学習カウンセリングを実施しています。

詳しくはこちら。

↓↓↓

イングリッシュ・ドクター西澤ロイの英語学習カウンセリング



  • 無料 2週間メール講座

    「もしかして、、自分は一生 英語を話せないのでは?」




    英会話学習に苦しみ、弱気になっているあなたへ...。

    今までに3,000人以上が効果を実感しています!
    本気で英語をマスターしたい方のご登録をお待ちしております