A Walk To Remeber(初中級)

 

...A Walk To Remeber(初中級)


青春を感じる読みやすい小説です。

A Walk To Remember

 

これは青春を感じる小説です。

主人公のランドン・カーター(Landon Carter)(57歳)が40年前、
つまり17歳の時のことを一人称で語るという形式を取っています。

ですので、ほとんどが口語で書かれており、とても読みやすい英語で書かれています。

40年前の話だけあって、若者の夜遊びの仕方や、男女の付き合い方などにも
時代を少し感じますが、逆に言えば安心して読めるストーリー/英語だと言えます。

17歳の少年・・・いやー、青春ですね。

実はこの本は、たまたま手に入ったものなので、全然期待しないで読んでみたのですが、
思ったよりもずっと引き込まれてしまいました。

最初の方で例えばfornicatorなどのような聞いたこともない単語が少しだけ出てきますが、
全般的にはとても読みやすいですので、少し洋書に慣れてきて、ちょっと長めの本に
挑戦してみたい方に丁度良いかもしれません。(約230ページあります。)

たまに風景だとか情景の描写があるのですが、それがとても難しく感じるくらい、
全体的に読みやすいのではないかと思います。

 

この本のプロローグには次のように書いてあります。

First you will smile, and then you will cry – don’t say you haven’t been warned.

確かにその通り、最後の方は悲しい雰囲気になります。
ですが、とても感動的なお話でもあり、個人的には読んで良かったな、と思える小説でした。

因みにこの作者のニコラス・スパークスさんは
Message in a Bottle(メッセージ・イン・ア・ボトル)を書いた人なんですね。

 

A Walk to Remember

A Walk To Remember

 


  • ■約5時間分の無料動画レッスンをプレゼント中■


    英語が話せないのは「難しく考えすぎている」から――。
    あなたが思っているよりもずっと簡単に英語は話せます。

    イングリッシュ・ドクター西澤ロイが自信をもってお届けする

    「頑張らない英会話レッスン」