49回目の結婚記念日のはずが・・・

 

...49回目の結婚記念日のはずが・・・


アメリカのペンシルバニア州からのニュースです。

ある老夫婦が、あと数週間で49回目の結婚記念日だと思っていたら、
驚きの事実が発覚しました。

なんと・・・

 

彼らは独身のままだったのです。

 

神父さん(既に故人)が役所に証明書類を提出するを忘れたため、
そもそも入籍されていなかったようです。

奥さんが年金をもらえるかというのも大きな問題だそうです。

情報源&英文引用元

Couple married 49 years but paperwork never filed

■気になった英語表現<その1>

———————————————————————-
In a few weeks, Frank and Betty Skrout should be celebrating
their 49th wedding anniversary.
あと数週間で、スクロウト夫妻は49回目の結婚記念日を祝っている
はずだった。(ロイ訳)
———————————————————————-

should は「~すべき」だけでなく「~のはず」という意味合いもあります。

■気になった英語表現<その2>

———————————————————————-
Instead, they are in search of documentation to prove they ever
tied the knot on a warm autumn day when Dwight Eisenhower was president.
その代わりに、アイゼンハワーが大統領だった秋の日に結婚式を挙げたことを
証明する書類を彼らは捜している。(ロイ訳)
———————————————————————-

tie the knot は「結婚する(get married)」を意味するやや古い表現ですね。

president という単語が「役職」を表しているので無冠詞なのも要注意のポイントです。

■気になった英語表現<その3>

———————————————————————-
All these years we’ve been living in sin.
49年間ずっと、同棲という罪を犯していたことになる。(ロイ訳)
———————————————————————-

これは日本語に訳すのが非常に難しい文です。

live in sin は「同棲する」という意味合いがありますが、文字通りには「罪に生きる」、
つまり「婚前交渉」というキリスト教での罪を犯していることを指しています。

因みに、この発言は旦那(正確には彼氏)が冗談で言っています。

■気になった英語表現<その4>

———————————————————————-
I thought I was married, and I was a single guy all this time.
結婚してると思っていたら、ずっと独身だったんですね、僕は。(ロイ訳)
———————————————————————-

結婚している状態が be married です。
「結婚する」を意味する get married と混同しがちなので気をつけてくださいね。

ひとこと

日本だったら戸籍書類を見たら一発で発覚しますが、アメリカには戸籍がありませんからね。
(ご参考:アメリカには戸籍が無い!?


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    TV・ラジオでおなじみのイングリッシュ・ドクター(英語のお医者さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓