「9時~5時まで」は「from 9 to 5」それとも「from 9 through 5」?

 

...「9時~5時まで」は「from 9 to 5」それとも「from 9 through 5」?


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
こういうご質問をいただきました。
 

work from 9 through 5
という表現を見つけました。
9 to 5 のようにtoを使うものだと思って
いたのですが、throughを使うとどういう
ニュアンスになるのでしょうか?

 
仰る通り、一般的な表現が、
from ~ to を使った
from nine to five
です。
 
しかし、アメリカだと
from nine through five
のように言うケースもあります。
 
その意味の違いを見ていきましょう。
 

前置詞toとthroughのイメージ

前置詞toは矢印(⇒)であり、
「行き先」を表すのにも使われます。
 
それに対して前置詞throughは、
 

 
というイメージであり、つまり
「通り抜ける」ような意味を持ちます。
 

toとthroughの違い

from 9 to lunch

from 9 through lunch
であれば、意味の違いがはっきりします。
 
from 9 to lunch
は、9時から昼食まで。
 
つまり「昼食を食べる前まで」を指します。
 
それに対して、
from 9 through lunch
は、lunchを通り抜けるイメージになりますから、
「9時から、昼食が終わるまでずっと」
という意味になります。
 

「from 9 through 5」はどう違う?

lunch(昼食)という言葉は、時間の幅を持っています。
ですので、toなのかthroughなのかで、意味の違いが
ハッキリと出ます。
 
しかし、「from 9 through 5」と言う場合に、
「5 (o’clock)」というのは点であり、時間の幅を
持っていない言葉です。
 
その場合に意味・ニュアンスがどう違うかは
個人差も出るところなので、ネイティブに
確認してみたところ、以下のような答えが
返ってきました。
 

5時までずっと、休みも取らずに懸命に働いている気がする

 
また、一部のネイティブは、

「from 9 to 5」は、5時きっかりに仕事が終わるが
「from 9 through 5」だと5時過ぎまで働いている感じがする

という興味深いコメントをくれました。
 
なお、「from 9 to 5」が最も一般的な表現だ
ということは全員が一致していました。
 
throughを使うのはアメリカ英語であり、
イギリス英語でthroughを付けるなら
「from 9 through to 5」のように
toも必要だいうコメントもありました。
 
参考情報:Quora
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    イングリッシュ・ドクター(英語のやさしい“お医者”さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、新刊『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』(SBクリエイティブ)など、計10冊で累計16万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。