日本人の英語が伝わらない理由 ~英語を上達させるなら~

 

...日本人の英語が伝わらない理由 ~英語を上達させるなら~


日本人は英語の発音が下手だと言われます。

実際には、日本人だけでなく、どこの国の人たちも結構下手なんですが^^
日本人は非常に素直なので「そうか、下手なんだ」と思ってしまいます。

発音が下手なのは、トレーニングをしない限り、誰でもそうです。
特に日本語は、英語とはかなり音が違う言語ですから、下手に聞こえやすい
ということはあるかもしれません。

しかし逆に言えば、トレーニングさえきちんと行なえば、誰でも正しい発音が身に付きます。

《発音の違い》

・発音数の違い

英語に比べて、日本語の発音数はとても少ないです。
例えば、「ru」と「lu」の発音です。「ru」も「lu」もカタカナで表記する場合には「ル」と表記されます。この2つの違いがよくわからないという方もいらっしゃいます。

パソコンのキーボードで日本語入力をすると分かりやすいのですが、「si」と「shi」のどちらを使っても「シ」と表記されます。日本ではひとくくりにされる発音でも、ネイティブでは違いがあります。
この発音を同じにしていると、英語が通じなくなりやすいです。
英語の発音を母音の数が少ない日本語で書き表すことは不可能なのです。

・母音を使わない発音

日本語をアルファベットで表記する時は、子音と母音の2つで1セットとされます。日本語の発音は一音一音がはっきりとしているのです。しかし、英語は母音がない発音も多くあります。これを無母音声といいます。

英語を習い始めたとき、ローマ字読みをして間違った経験をお持ちの方も多いでしょう。
また、子音同士が並んでいると、どう発音したら良いのか分からなくなってしまう方もいます。
日本語の発音では母音をつけずに言うことがほとんどありませんから、子音同士の発音が非常に難しいと感じるのです。

***

いくらビジネス英会話などを学習しても、実際に相手に伝わらないと悔しいですよね。
英会話の上達を目指すのなら、英語を聴いて、発音に慣れるのも大切なことです。

リスニング力を身につけたいなら、西澤ロイのリスニング教材を使用してみませんか?
色々な勉強法を試してみたけれど、早い英語やナマの英語が聞き取れないという方は、ぜひお試し下さい。
初心者の方にもおすすめです。


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓