「英語が話せない」というのは単なる思い込み

 

...「英語が話せない」というのは単なる思い込み


「英語は話せません」
「英語が苦手で、英会話なんてとても……」

そんな風におっしゃる方が非常に多いんです。

確かに、中学・高校と6年間、もしくはそれ以上学んできているのに
一向に英語が話せるようになっていないかもしれません。

しかし、私ロイがぜひお伝えしたいこと、
それは「英語は誰でも話せる」ということなんです。

さらに言えば、「あなたは既に英語が話せるだけの力を持っている」のです。

日本人が、英会話が苦手なのにはちゃんと理由があります。

「英語を話す」というアウトプットではなく、
「英語を読んで理解する」というインプットしか考えてこなかった
(そういう教育を受けてきた)からなのです。

つまり、漢字が読めるけど書けないのによく似ています。

もし、全く漢字を知らずに、そこから読んだり書いたりできるようにすることは非常に大変です。
でも、漢字が読めるけど書けないだけであれば、書く練習をすればいいだけですよね。

英語もそれによく似ています。

我々は英単語をたくさん知っています。
英語の授業で習っていますし、また、カタカナ語として日本語にやまほど入り込んでいるからです。

つまり、全く知らないわけではなく、うまく使うことができていないだけなのです。

大切なことは「発想」です。

「英語が話せるための発想」さえ手に入れれば、中学校を卒業している日本人であれば
誰でもすぐに英語は話せます。

「話せない」と思うのは、単なる思い込みであり、メンタル(心)の問題なのです。

私ロイは「世界一聞きたい英会話の授業」という英会話講座を開催しています。

先日、開催した時にいただいたご感想をご紹介させていただきますね。

英語ができないのは、自分に対しての要求基準が高く、「できない」と思い込んでいるからであり、まずは自分が持っている力を使いこなすという考え方はとても参考になりました。
(M.F.さま、東京都、大学教員)

英語に対する苦手意識が取り払われた気がします。
「正しさ」「完璧さ」を英語に求めていましたが、その必要がないと聞いて、気持ちが楽になりました。
ロイさん、ありがとうございました!!
(山口 朋子さま、埼玉県、経営者)

さきほど、「メンタルの問題」だと書きましたが、メンタルって非常に重要なんです。

「できる」、「できない」。
「面白い」、「つまらない」。
「やる」、「やらない」。

これらのことは、全て自分の心が決めています。
「できない」などと思っているのは自分なんです。

もちろん、そういう風に思うようになった理由や原因などがどこかにある筈です。
でも、本当に「できない」のでしょうか?

英語が「苦手」で「話せない」というのは、事実ではありません。
誰かの主観でしかなく、メンタルの問題なのです。
つまり、その人の思い込みに過ぎないのです。

「できない」と思い込むと、「しよう」とはしなくなります。そして「できない」ままです。

しかし、「できる(かも)」と思えると、人は行動することができます。
英語で言えば、実際に使ってみて経験を積むことができますし、上達する可能性が高まります。

だから私ロイは、まずは誤った思い込みの解除から始めています。
だって、中学を卒業している日本人の方は、一人残らず英語が話せるのですから!

「英語が話せない」という誤った思い込みから抜け出したい方は、私ロイの英会話講座にぜひいらして下さいませ。

「世界一聞きたい英会話の授業」


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓