イングリッシュ・ドクターの「英語病マップ」が完成しました

 

...イングリッシュ・ドクターの「英語病マップ」が完成しました


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤ロイです。
 
4日間かけてブレインダンプ(脳内のアイディアを出し尽くすこと)を
した結果、変態的な(←笑)資料が作成できました。
 
僕は、英語の独自研究を開始して25年以上になりますが、
英語学習上のつまずきを「英語病」と呼んでいます。
 
・基礎
・マインド(心構え)
・表現(英会話)
・リーディング(文法)
・リスニング
・発音
・資格試験
の7分野において、日本人がつまずくポイント
(英語病300個以上)が2枚のA3紙上にまとまりました。
 
半分以上モザイク処理をしてありますが、
可能な範囲でお見せいたしますね。
(※画像をタップ/クリックすると大きいものが開きます)
 

 

 
まだまだ薬の開発も必要ではありますが、
この「英語病マップ」があれば、間違いなく
多くの英語学習者の方を救えますね。
 
また、英語を教える同志の方たちにも
ものすごいインスピレーションや学びを
与えられるのではないかと思います。
 
さて、これをここからどう生かしていくか…
まだまだ考えるべきことがたくさん
あるのでワクワクします。
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    イングリッシュ・ドクター(英語のやさしい“お医者”さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、新刊『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』(SBクリエイティブ)など、計10冊で累計16万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。