I wish…

 

...I wish…


[今回のストーリー]

会社からの帰りがけ、大学時代の友人から電話がかかってきました。

“Hello?”
(もしもし。)

と出たところ、お誘いの電話だったようです。

“Are you free on the coming Saturday?”
(土曜日ひま?)

えーと、なんか予定が入っていた気がするなぁ。

そうだ、マーケティングの勉強をしに、セミナーに行くんだった。

“We’re throwing a year-end party. Can you come?”
(忘年会やるんだけど、来られる?)

まだ11月なのに忘年会ですか!!

さすが、こいつらは人とはやることが違う。。。

ホントは行きたいけど、断らざるを得ないあなたはこう言います。

“Oh, I wish I could, but I’ve got an important appointment on that day.”
(行きたいんだけど、大事な予定が入っちゃってるんだ。)


[I wish…の解説]

I wish… は実際には事実ではないことに対して「~だったらいいのに」と言う表現です。

この言い方は、「仮定法」だとか、「I wish の後ろは過去形」などという知識としては知っていたとしても、なかなか使うことは難しいですよね。

例えば「行けたらいいんだけど行けない」と言いたい場合には

  ”I cannot come.”(行くことができない。)

というのが最初にありますよね。

これを、否定する代わりに I wish を付けて、現在形を過去形にすればいいんです。

つまり、

  ”I cannot come.”

    ↓↓↓(否定を取る)

  ”I can come.”

    ↓↓↓(I wish を付け、can を過去形にする)

  ”I wish I could come.”

ということです。

ストーリーに出てきた “I wish I could.” は come が省略されているわけですね。

普通、”I can’t.” と言ってしまいがちですが(悪いことは全然ないですよ)
とっさに仮定法が出てくるとかっこいい。

このカッコイイ一言で差を付けましょう!


[I wish…の用例]

I wish I knew where you were.
「君がどこにいるか知っていれば・・・」

I wish I had a better solution to suggest.
「もっと良い解決方法を提案できればいいんだけど。」

  solution で「解決策」。動詞形は solve ですね。
  suggest は「提案する」


[もっと知りたい方は]

こちらのGoogle検索を参考にしてみてください。

“I wish”


[おまけ]

ストーリーの中で予定があることを appointment という言い方をしていますが、これも便利な表現です。
普通、日常会話で使うにはちょっと仰々しいのですが、逆にちょっと気取った感じが出せてかっこいいんです。


[あとがき]

近所の電気屋さんに行き、DVDを見ていたんですが、割引がすごいですね。

1枚1000円とか、1枚1500円とか、1枚買ったら1枚ただとか。。。

今私が欲しいのは「ウェディング・シンガー」なんですが、それはまだ安くは出ていなかったですね。

この曲が超好きなんです。
初めて聞いた(映画を見た)時、大笑いしました。


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓