「Cry Me A River」の文法と意味がきちんと理解できますか?

 

...「Cry Me A River」の文法と意味がきちんと理解できますか?


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
今週放送された「スキ度UPイングリッシュ」の
バックナンバーを公開しましたので、
ぜひお聴きください。
 

 
今週は
・スキ度UP英語総合病院(Cry Me A River)
・英作文チャレンジ

の2本立てでした。
 

「Cry Me A River」の意味分かりますか?

「Cry Me A River」というのは、
ジャズのスタンダードナンバーの題名です。
 

 
この中で、こういう歌詞が出てきます。
 

You can cry me a river, cry me a river.
I cried a river over you.

 
この英語、「私の前で川のように泣く」などと
訳されたりしますが、その日本語訳を見たところで、
それは英語を理解したことにはなりません。
 
この英語を理解するためには、
いくつかポイントがあるのです。
 

ポイント1:cry a river

英語では例えば「1マイル歩く」ことを
walk a mile
と表現します。
 
これは歩いた距離(度合い?)を目的語で
表現しているんですね。
 
それと似たような感じで、泣いた度合いを
目的語で表現している、という風に捉えて
みてください。
 
もしくは、make a river と言ったならば、
make という動作の結果として a river が
できることになります。
 
ここでは、cry という動作の結果、
a river ができる――、それが
cry a river
なのです。
 
その他にもう2つ、
・cry me a river
・cried a river over you

という箇所については、ラジオ放送の中で
解説していますので、興味がある方は
ぜひバックナンバー(↑)をお聴きくださいね!
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    イングリッシュ・ドクター(英語のやさしい“お医者”さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、新刊『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』(SBクリエイティブ)など、計10冊で累計16万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。