書店イベント「シブ読」を開催しました(動画あり)

 

...書店イベント「シブ読」を開催しました(動画あり)


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
8月22日に、2年半ぶりとなる新刊
『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』

(SBクリエイティブ)が発売になりました。
 
これが10冊目の紙の書籍になりますが、
私は毎回、渋谷のスクランブル交差点前にある
大盛堂書店さんでイベントをやらせていただいて
おります。
 
「シブ読(渋谷駅前読書大学)」
という名前のイベントであり、本のソムリエ団長さんが
ホスト役を務めています。
 
団長さんはこんな方(↓)。
 

 
いつもロン毛&帽子&サングラスなのですが、
コロナ対策でマスクまでされていると
ちょっと怪しい人・・・
 
(↑ 警察に呼び止められたことはないそうです)
 
通常、大盛堂さんの3Fにある、こちらの
イベントスペースには、着席で30名、
立ち見を入れると50名くらいが入れます。
 
ですが、密を避けまして、今回の定員は10名――。
 
ですからおかげ様で、席は一瞬で埋まりました。
 

 
出演者とお客さんの間にはきちんと
仕切りと距離を設けまして、
コロナ対策は万全。
 
そしてさらに、事前にお申込みいただいた
方には、YouTubeライブでオンライン配信を
行なう形にしました。
 
結果的に、現地に10名、そして、
オンラインで約30名、合計40名もの
方にご参加いただきました。
 
そして、新刊のご紹介や、
様々な裏話など、楽しく1時間ほど
お話をさせていただきました。
 
その一部(約13分半)をYouTubeに
動画でアップしましたのでご覧ください。
 

 
お話の中でですね、英語だけでなく
数ヶ国語に堪能な団長さんに、
新刊についての感想を伺ってみました。
 
そうしたところ、
 
「日本語の話し方を変えなさい、
というのはホントその通り」
 
「自分が感覚的にやっていたことを、
言葉にして理論的に説明してくれる
ところがイイ!」
 
「中級より上の人にも響きそう」

 
などと評していただきました。
 
これから大きな話題になる予定の(笑)
私の新刊が気になった方は、ぜひ
書店さんでチェックしていただいて、
お読みいただけましたら嬉しいです。
 
『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』
 

 
なお、9月8日(火)まで、
新刊を購入してくださった方に
特典をプレゼントする
キャンペーンを開催中です。

 
P.S.
最後に、大盛堂書店さん、団長さん、
スペシャルゲストとして登場してくれた
編集担当の鯨岡さん、関係者の皆さま、
そして、ご参加くださった皆さま、
どうもありがとうございました!


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    イングリッシュ・ドクター(英語のやさしい“お医者”さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、新刊『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』(SBクリエイティブ)など、計10冊で累計16万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。