haveに意味はたくさんあるがイメージを掴めばカンタン!

 

...haveに意味はたくさんあるがイメージを掴めばカンタン!


haveには様々な意味がある

haveには様々な意味合いがあります。
 
「持っている」「所有する」「家族がいる」
「食べる」「飲む」「買う」「産む」
「させる(使役)」「させる(被害)」……etc
 
こういった「日本語訳」を暗記していては
いつまでも英語が分かるようにはなりません。
 
今こそ、haveの意味やイメージをしっかりと
理解しましょう。
 

haveが持っているコアイメージ

haveは、日本語には存在しない概念です。
 
ですから、日本語に訳して理解しようとしていては
永遠に理解することはできません。
 
大事なことは、haveが持っているコアイメージを
「感じる」ことです。
 
イラストにすると、以下のような感じなのですが、
(イラストは『頑張らない英会話フレーズ』より引用)
haveは「なわばり」のような空間に入っていることを表します。
 

 
専門的には「HAVE空間」と呼びますが、
私は「なわばり」に近いと説明しています。
 

「なわばり」ってどういうこと?

例えば、あなたのスマホ。
あなたが着ている服。
 
机に座って勉強しているところを想像するならば、
鉛筆・ペンやノート。
 
食事中であれば、あなたの目の前にある
お皿。そのお皿に載っている食事。
 
そういったものは全て、
あなたの「なわばり」に入っています。
 
その証拠に、他人にいきなり取られたりしたら、
嫌な気分がしませんか?
 
それが、目には見えない「なわばり」に
入っているということなんです。
 

haveの具体的な意味を感じよう

「持っている」「所有する」「家族がいる」
「食べる」「飲む」「買う」「産む」
「させる(使役)」「させる(被害)」……etc
 
先ほど列挙した、haveの様々な意味合いは全て
「なわばりに入っている」ことから生まれます。
 
例えば、手にペンを持っていたら
「have a pen」
と言えます。
 

 
「have three cars」と言えば、
手に持っているわけではありませんが、
「車を3台所有している」ことを表します。
 

 
「have a brother」と言えば
「家族(男兄弟)がいる」
ことになります。
 

 
「have a cat」にすると
「猫を飼っている」
と訳せます。
 
他の意味合いも全部同じなんです。
全て「なわばりに入っている」ことを
表しているだけ。
 
非常にシンプルなんですよ。
 
でも逆に言うと、こうやってシンプルに
できていないと、子供には理解できません。
 
言語というものは、子供が感覚的に
理解できるようになっているんです。
 
ですから、haveを見るたびにぜひ
「なわばり」を感じてみてくださいね。
 


  • 基本的な動詞のイメージや用法が分かりやすく
    「一切の暗記なし」で学べる書籍が好評発売中。

    『頑張らない英会話フレーズ』

  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓