「歯医者に行く」はgo to the dentist?それともgo to a dentist?

 

...「歯医者に行く」はgo to the dentist?それともgo to a dentist?


Q.dentistにつける冠詞はa?the?

こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
こういうご質問をいただきました。
 

ロイさんは『頑張らない英文法』の中で
冠詞のtheは「(何を指しているか)分かるでしょ?」と
解説していましたが、aとtheに関して質問があります。

「歯医者に行った方がいいよ」は
You should go to a dentist.

「私は明日歯医者に行かないといけない」は
I have to go to the dentist tomorrow.

という例文が出てきました。

話し手と聞き手の間に「あの医者」という共通認識が
ある場合に「the dentist」にして、共通認識が特に
ない場合に「a dentist」にするのでしょうか?

 

ポイントは「かかりつけ」の医者かどうか

いいご質問をありがとうございます。
 
「共通認識があるかどうか」というのは
theの基本的な使い方の1つです。
 
ただ、今回の歯医者の場合にはちょっと
違うケースに分類できます。
 
歯医者は、かかりつけのところがある人が
多いのではないでしょうか。
 
「a dentist」と言ってしまうと、
「どこでもよい」という「任意性」の
ニュアンスが出てしまう場合があります。
 
つまり、
I have to go to the dentist tomorrow.
と言えば「かかりつけの歯医者に行く」という
ニュアンスが出ます。
 
それに対して、aを使って 
I have to go to a dentist tomorrow.
と言ったならば、かかりつけであるという
ニュアンスなしで、とにかくどこかの歯医者に
行くと伝えることになります。
 
ですから
「歯医者に行った方がいいよ」が
You should go to a dentist.
になるのです。
 
別に「かかりつけの歯医者に行きなさい」と
言いたいわけではなく、「どこでもいいから
とにかく歯医者に行きなさい」と伝えたいからです。
 

補足:theをつける方が一般的

さらに言うならば、常識的な話として
お医者さんは、かかりつけのところがある
ケースが多いですから、theを使う方が
一般的なのです。
 
ですから、「どこでもいい」という意識がない
限りは「the dentist」を使うのが良いでしょう。
 

似た例:post office / park / station

例えば、
・郵便局に行くこと
・駅に行くこと
をそれぞれイメージしてみてください。
 
郵便局も大抵は、最寄りの局があって、
そこにいつも行くのではないでしょうか。
 
公園も、行きつけの公園があったり
するものです。
 
また、駅も、最寄りの駅や、普段使う駅が
決まっているのではないでしょうか。
 
そういう郵便局は the post office
なのです。
 
行きつけの公園に行くから
go to the park
であり、いつも使っている駅に行くから
go to the station
なのです。
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    TV・ラジオでおなじみのイングリッシュ・ドクター(英語のお医者さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓