alwaysをnotで否定する時の注意点(部分否定と全否定)

 

...alwaysをnotで否定する時の注意点(部分否定と全否定)


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
こんなご質問をいただきました。
 

Q.I do not always watch TV after dinner.
という英文を訳す問題があり、
「私はいつも夕食の後にテレビは見ません」
と訳しました。
 
しかし、その教材によると正解は
「私は夕食の後にいつもテレビを見るわけではありません」
になっていたのです。
 
一体なぜなんですか?
always の位置で和訳が、変わってくるのでしょうか?

alwaysを否定すると「部分否定」と「全否定」になる

仰る通り、always の位置によって、
意味が変わってきます。
 
結論から先に言ってしまいますと、
「いつも見ない(全く見ない)」という全否定を
したいならば、
 
I always don’t watch TV after dinner.
 
という語順にする必要があります。
 
※または never を使って
I never watch TV after dinner.
のように言うのもOK!
 
そして、問題文として出てきた
I do not always watch TV after dinner.
は「部分否定」になりますので、
「いつも見る・・・わけではない」
という意味になります。
 
ただし、これをただ暗記することは
オススメしません。
 
その奥にある英語の考え方からしっかりと
押さえておくことが大切です。


 

notが否定するものは・・・

以下のことをしっかりと覚えておいてください。
 
notという否定語は、基本的に
その後に来る語句を否定します。

 
先ほどの「部分否定」の英文を
もう一度見てみましょう。
 
not の後ろに何がありますか?
 
I do not always watch TV after dinner. 
 
そう、この語順になると
「いつも見る」ということを否定しますので
「いつも見る…というわけではない」
という部分否定になるのです。
 
それに対して、全否定したい時には
以下の語順にする必要があります。
 



 
そうすることで「いつもしない」ことが
「夕食後にTVを見る」ことになりますから
全否定になるのです。
 
このように、alwaysを否定文で使う場合には
notの位置によって意味が変わってきますので
しっかりと押さえておきましょう。
 





  • ■約5時間分の無料動画レッスンをプレゼント中■


    英語が話せないのは「難しく考えすぎている」から――。
    あなたが思っているよりもずっと簡単に英語は話せます。

    イングリッシュ・ドクター西澤ロイが自信をもってお届けする

    「頑張らない英会話レッスン」