「Love is over.」はなぜ過去なのにwasにしない?

 

...「Love is over.」はなぜ過去なのにwasにしない?


「Love is over.」はなぜ過去なのにwasにしない?

こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
こういうご質問をいただきました。
 

質問があります。
Love is over.
過去のことなのになぜwasでなくisなのですか?

 
素晴らしいご質問です。
なぜなら、ここには「日本語と英語の考え方の違い」が
表れているからです。
 
日本語だと「愛が終わった(もうなくなった)」という
風に過去のこととして捉えています。
 
しかし、英語だと
Love is over.
のように、おっしゃる通り現在形になっています。
 

overの持つコアイメージとは?

over という単語は元々、以下の図のような
基本イメージを持っています。
 

 
日本語で説明するならば「覆う」ような
イメージだと言えます。
 
例えば「cover over the car」でgoogleを
画像検索すると以下のような画像が出ます。
 

 

なぜoverで「終わった」という意味になるのか

over の意味は上記の基本イメージから
様々に派生するのですが、その1つが
「終わった」という意味合いです。
 
例:The game is over.
 
このように言うことで
「試合が終わった」
という意味になります。
 
例えばサッカーの試合であれば、
90分などと試合時間が決まっていますが
それを超えたことをイメージしてください。
 

 

なぜ過去形のwasではなく現在形のisなのか

では、なぜbe動詞を過去形のwasにせず、
isで言うのでしょうか?
 
その答えはoverという単語がそれ1つで
「終わった状態」を表しているから――。

 

 
終わってから「終わった」と思っている人が
The game is over.
と言うわけですが、その人にとっては
「終わった状態にある試合がいま存在している」
わけです。
 
Love is over.
も同様です。
 
終わってしまった愛を、いま目の当たりに
しているから現在形のisを使っているのです。
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓