英語は発音から学ぶべきですか?

 

...英語は発音から学ぶべきですか?


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
こういうご質問をいただきました。
 

Q.英語は正しい発音から学ぶ事が一番早い、
とどこかで聞いたことがあるのですが、
実際のところ、どうなんでしょうか?

 
すごく良いご質問をありがとうございます。
 
もし、まっさらな状態から、まっさらな気持ちで
学べるなら、発音から学ぶのが一番効率が良い
かもしれません。
 
しかし・・・残念ながら私たちは
もう「まっさら」ではありません。
 
中学くらいから、英語の授業を受けて
様々な知識を手に入れていますし、
そこでは、発音から学んではおりません。
 
また、日本語にも様々な英単語が
カタカナ語として入り込んでおり、
知識がたくさんあふれている状態です。
 
さらに言えば、英語の教わり方があまり
良くなかったせいで、英語への苦手意識が
ある方も少なくありません。
 
ちょっとイメージしてみて欲しいのですが、
英語が既に苦手な人に向けて、
「英語は発音から学ぶのが一番だ」
といって、発音だけを教える――というのが
成り立つと思いますか?
 
はっきり言いますが、
つまらなすぎて、無理ですよ。
 
もちろん、発音が良くなれば、
・カッコよく見える
・できる人に見える
・ネイティブからの扱いが良くなる

などといったメリットはたくさん
あります。
 
文法やボキャブラリーから入るよりも、
発音から入った方が、その後の上達が
早かったという言語学的な調査結果も
あるくらいです。
 
しかし、発音から学ぶのは、
多くの人にとって、難しいと言わざるを
得ません。
 
だって、外国語を発音(音)から学ぶ
という経験を、私たちはしたことが
ないからです。
 
文字から学んだ経験しかありません。
 
ですから、文法も意味も考えなくて
いいから音だけを学べ、と言われても
難しいと言わざるを得ないのです。
 
もちろん、そこに特化した素晴らしい
先生がいて、苦手意識をうまく回避して
上手に教えてくれるのであればうまくいく
可能性はあります。
 
でも、それは万人にオススメできる
方法ではないのです。
 
***
 
ですから現実的なお答えをさせて
いただきます。
 
発音は、良いに越したことはありません。
 
発音が良ければ、リスニングにも
良い影響を与えます。
スピーキングにも良い影響を与えます。
 
しかし、もう既に、文法やボキャブラリー
を先に学んでしまっているんです。
 
ですから、発音から入る、ということは
もう不可能であり、手遅れです。
 
発音は「学びたい」と
思った時点でやるのがベストです。

 
「学んだ方がいい」という程度の
理由でやったら、身につきません。
 
発音を身につけるのも、結構大変
なんですよ。
だって、日本語にない音を発音する
というのは、ずっと使っていない
脳みそを使うような作業ですからね。
 
ですから、「学びたい」と思うまで
やる必要はありません。
 
なぜなら、発音はみんな下手くそ
だからです。
 
中国人でも、イタリア人でも、
フランス人でも、韓国人でも、
どこの国の人でもいいのですが、
それぞれにクセがあります。
 
日本人には、日本人のクセが
あります。それでいいのです。
 
まず大切なのは、堂々とする
ことであり、大きな声を出すこと
です。
 
日本人の多くは、自信がないために
声が小さくなり、ごにょごにょ言う
ために、何を言っているのかが
そもそも聞き取れません。
 
ですから、発音よりもまず、
「大きな声を出すこと」
が大切なのです。
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓