英語Q&A

by、until、before、no later than:「~まで」に当たる前置詞の使い分け方法


2016年09月24日


こういうご質問をいただきました。

「いついつまでに」という期限を表す語として
by、until、before、no later than
などがあると思いますが
正しい使い分け方やルールなどを教えてください。

確かにこういった使い分けって分かりづらいですよね。

なお、until だけはちょっと「毛色が違う」ので
後回しにしますね。

(1)by

まず、by は日本語の「~までに」に当たる言葉です。

「いついつまでに」という期限を英語で表現したい
場合には、byを使うのが基本だと思ってください。

Come home by six o’clock.
(6時までに帰って来て。)

(2)no later than

no later than は「時間厳守」のようなニュアンスが出ます。
ですから命令や指示などによく使われます。

ただし、これはあくまでも「時間厳守」の
ニュアンスを追加する表現であって、
by は基本的に、別途必要だとお考えください。

Be there (by) no later than seven o’clock.
(必ず7時までにそこに行って下さい。)

口語では、↑のようにbyがないこともあります。

Written papers must be submitted by no later than nine o’clock.
(レポートは9時厳守で提出してください。)

(3)before

before は「~より前に」ということですので、
それより前ならいつでもいいことになります。

Come home before six o’clock.
(6時になる前に帰って来て。)

日本語でもそうですが、「何時までに(by)」という
表現の方が、「何時よりも前に(before)」よりも
使われる頻度が多く、一般的ですね。

before はむしろ、時間の描写などによく使われます。

It was ten minutes before eight o’clock .
(それは8時になる10分前のことでした。)

(4)until

最後に until ですが、これは「まで」と覚えてはいけません。
「までずっと」だと覚えてください。

He didn’t come home until ten o’clock.
(彼は10時になるまで(ずっと)帰ってこなかった。)

命令で使うなら

Please wait until five o’clock.
(5時まで(ずっと)待ってください。)

のような使い方になります。

英語だと by になるケースも、
until になるケースも、
日本語では単に「まで」としか
言わないことが多くあります。

ですから、by と until を使いこなす上で
重要なことは、日本語には表れない
イメージ(期限なのか、ずっとなのか)
をしっかりと感じることです。

試しに、英作文の問題を出してみましょう。

a) 私は5時までそこにいた。

b) 帰ってきて。5時まで。

c) 彼に聞くまで知らなかった。

 

もし、英文がうまく作れなくても、
by なのか until なのかだけでも
しっかりと押さえておきましょう。

a) until
b) by
c) until
が正解です。

合っていましたか?

以下、回答例です。

a) 私は5時までそこにいた。
I was there until 5 o’clock.

b) 帰ってきて。5時まで。
Come home by 5 o’clock.

c) 彼に聞くまで知らなかった。
I didn’t know until he told me.





イングリッシュ・ドクターが教える、英語が3ヶ月で話せるための7つの秘密とは?

今までに3,000人以上が効果を実感しています!

このカテゴリの最新記事


このブログの人気記事


当ウェブサイトメニュー