by、until、before、no later than(~まで)の意味の違い

 

...by、until、before、no later than(~まで)の意味の違い


こういうご質問をいただきました。

「いついつまでに」という期限を表す語として
by、until、before、no later than
などがあると思いますが
正しい使い分け方やルールなどを教えてください。

 

確かにこういった使い分けって分かりづらいですよね。

なお、until だけはちょっと「毛色が違う」ので
後回しにしますね。

(1)by

まず、by は日本語の「~までに」に当たる言葉です。

「いついつまでに」という期限を英語で表現したい
場合には、byを使うのが基本だと思ってください。

Come home by six o’clock.
(6時までに帰って来て。)

(2)no later than

no later than は「時間厳守」のようなニュアンスが出ます。
ですから命令や指示などによく使われます。

ただし、これはあくまでも「時間厳守」の
ニュアンスを追加する表現であって、
by は基本的に、別途必要だとお考えください。

Be there (by) no later than seven o’clock.
(必ず7時までにそこに行って下さい。)

口語では、↑のようにbyがないこともあります。

Written papers must be submitted by no later than nine o’clock.
(レポートは9時厳守で提出してください。)

(3)before

before は「~より前に」ということですので、
それより前ならいつでもいいことになります。

Come home before six o’clock.
(6時になる前に帰って来て。)

日本語でもそうですが、「何時までに(by)」という
表現の方が、「何時よりも前に(before)」よりも
使われる頻度が多く、一般的ですね。

before はむしろ、時間の描写などによく使われます。

It was ten minutes before eight o’clock .
(それは8時になる10分前のことでした。)

(4)until

最後に until ですが、これは「まで」と覚えてはいけません。
「までずっと」だと覚えてください。

He didn’t come home until ten o’clock.
(彼は10時になるまで(ずっと)帰ってこなかった。)

命令で使うなら

Please wait until five o’clock.
(5時まで(ずっと)待ってください。)

のような使い方になります。

英語だと by になるケースも、
until になるケースも、
日本語では単に「まで」としか
言わないことが多くあります。

ですから、by と until を使いこなす上で
重要なことは、日本語には表れない
イメージ(期限なのか、ずっとなのか)
をしっかりと感じることです。

試しに、英作文の問題を出してみましょう。

a) 私は5時までそこにいた。

b) 帰ってきて。5時までに。

c) 彼に聞くまで知らなかった。

 

もし、英文がうまく作れなくても、
by なのか until なのかだけでも
しっかりと押さえておきましょう。

a) until
b) by
c) until
が正解です。

合っていましたか?

以下、回答例です。

a) 私は5時までそこにいた。
I was there until 5 o’clock.

b) 帰ってきて。5時までに。
Come home by 5 o’clock.

c) 彼に聞くまで知らなかった。
I didn’t know until he told me.


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓