英語学習にも「80:20の法則(パレートの法則)」が当てはまる

 

...英語学習にも「80:20の法則(パレートの法則)」が当てはまる


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
今月から「リクナビNEXTジャーナル」において、
月1回の連載がスタートしました。
 
第1回目は、効率的に英語学習をするための
アドバイスをお伝えしました。
 
英語を「読む」「書く」「話す」時に、
一体何にフォーカスをすれば効率的に
「理解力」や「運用力」を高められるのか!?
 
「80:20の法則(パレートの法則)」
をご存知でしょうか?
 
実はそれが、英語学習にも当てはまるのです。
 
↓↓↓
 
第1回:英語学習で8割の結果が出る「たった1つの要素」とは?

 


  • ■イングリッシュ・ドクター西澤ロイからのプレゼント■
    あなたは、この英語音声が聞き取れますか?

    (全部で3問あります。以下の動画を再生してください)
    ↓↓↓

    リスニング問題の答え、および動画の続き(完全版、約2時間)を【無料】でご覧になるには、こちらをクリックしてください。