crystal clearをうまく使えますか?

 

...crystal clearをうまく使えますか?


[今回のストーリー]

会社で3日間の研修を受けているあなた。

今度、技術職から営業職に移ることになったため、販売を担当することになる
製品の説明を受けているのです。

その製品とは組込用データベースLinter

因みに、組込(くみこみ)というのは、携帯電話だとか、カーナビなどの機器
などに部品として入れることです。

教育担当の先輩が熱っぽく製品について説明してくれます。

“Linter is the fastest embedded database, I believe.”
(Linterは組込で最速のデータベースなんだ。)

“It also has a very small footprint.”
(さらに動作時の使用メモリも小さいんだ。)

あなたはきちんと話は聞いていたのですが、視線が違うところを向いていた
ため、先輩から確認が入ります。

“Is that clear?”
(わかったか?)

そこであなたはこう答えます。

“Crystal.”
(ばっちりです。)


[ひとこと]

「何かを理解した」ということを表現したいときに、
I understand.
I got it.
などのような言い方がありますよね。

その他にも、モノを主語にして clear という言い方があります。

It’s clear to me.

なにかが「はっきりしている」ということは、
「理解」という意味に取れますよね。

そして、それを強調したい場合には

It’s crystal clear to me.

という言い方ができます。

さて、読者の方から下記のご質問を頂きました。m(_ _)m

> “Is that clear?”
> とか、
> “Did I make myself clear?”
> のように聞かれた時はこれでOKということはわかるんですが、
> “clear”を使わない訊かれ方をされた場合、たとえば、
> “Got it?”
> とか
> “Did you understand?”
> のように、訊かれた時も”Crystal.”で答えることはあるのですか?

crystal という言葉は、clear を修飾しているわけですから、
そういった場合には

That’s crystal clear.

のように、clear という言葉まで含めて使って下さいね。


[crystal clearに関する用例]

It is not entirely clear to me what these changes will accomplish.
「これらの変化が何をもたらすのか、私に全てがわかるわけではない。」

  entirely は「完全に」
  accomplish は「成し遂げる」。↑は意訳です。

It becomes crystal clear to me that violence only begets violence.
「暴力は暴力しか生まないことが、私には、はっきりとわかった。」

  violence で「暴力」
  beget は・・・知らなくても、想像できますよね。


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    TV・ラジオでおなじみのイングリッシュ・ドクター(英語のお医者さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓