人前で話すための聞いてもらう技術【書評】

 

...人前で話すための聞いてもらう技術【書評】


あなたは人前で話すことが得意ですか?

YESという人は、日本人には
あまり多くないかもしれません。

「私はしゃべるのが苦手…」
と思ってしまう人が多いのでは
ないでしょうか。

でも、それは勘違いだよ、と優しく、
そして楽しく教えてくれるのが、

元大学教授で、
女子学生たちのハートをわしづかみに
していた・・・かどうかは分かりませんが、

確実に、彼女らの「耳」と「心」を掴んでいた
小川直樹先生です。

 

小川先生は、英語音声学者。

私のラジオにも2回登場していただいていますが、
イギリス英語の発音について語っていただいた回が
人気ナンバーワンになっています。

さて、
「しゃべるのが苦手」
ということの何が勘違いなのでしょうか。

小川先生はこうおっしゃいます。

おしゃべりな人の話は、結局、頭に入らない。

「早く終われ」と思われてしまうんです。

だから、おしゃべりじゃなくていいんです。

しゃべることが苦手でも大丈夫なんです。

 

・・・私ロイも、もともとコミュニケーションは
超苦手です。

人前で話すことも、全くできなかったんです。

だから、小川先生がこの本に書かれていることは
よく分かりますし、以下のポイントがとても
勉強になりました!


・「聞かせる」ではなく「聞いてもらう」

・話し手にとって「アウェイ」でなく、
「ホーム」の雰囲気を作る。

・「ふなっしー」はなぜブレイクしたのか?

・聞き手を応援団にすればいい。

・「余談」「雑談」にはすごいパワーがある


小川先生は、よくダジャレをおっしゃるんです。

「よくもまー、ここまで、寒いギャグが言えるな…
オヤジだから仕方ないか」

と思っている人もいるかもしれません。
(あ、私ロイではないですよ!)

「よろしく」じゃなくて「やらしくどうぞ」とか
「では股」などと……(以下略)

でもそれは、単なるオヤジギャグではなかったんです。

もっと大きな、深い理由があったことを、
この本を読んで初めて理解しました。

 

女子学生に大人気の元・教授が教える
『人前で話すための聞いてもらう技術』(サンマーク出版)

人前で話すことが(もっと)うまくなりたい
という方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?



  • 無料 2週間メール講座

    「もしかして、、自分は一生 英語を話せないのでは?」




    英会話学習に苦しみ、弱気になっているあなたへ...。

    今までに3,000人以上が効果を実感しています!
    本気で英語をマスターしたい方のご登録をお待ちしております