get thereが「到着する」という意味になる理由

 

...get thereが「到着する」という意味になる理由


いただいたご質問

Q.get thereという表現がどうして
「そこに到着する」という意味になるのか分かりません。

「到着する」はarriveではないのですか?

もちろん、arriveは一語で「到着する」という意味を
表す動詞です。

しかし、getも非常に広い意味で使われ、
「万能動詞」と呼ばれます。
「着く、到着する」という意味でも使われるのです。

I got there at 8 o’clock.
私は8時に、そこに着いた。

goと対比すると分かりやすくなる

get thereという表現をきちんと理解するためには
順を追う必要があります。

まずは、goを使った言い方からおさらいしましょう。

I went to the park yesterday.
私は昨日、公園に行った。

go はこのように、その後ろに前置詞のtoを伴って
「go to ~」で「~に行く」ことを表します。

そして、「そこに行く」のように言う時には
there を使います。

I went there yesterday.
私は昨日、そこへ行った。

なお、このときにthereが「副詞」であることに
ご注意ください。

「go to ~」のように言う場合には、
「~」のところには「名詞」が来ます。

しかし、there というのは「副詞」であり、
「to ~(~へ、~に)」に相当します。

ですから、「×go to there」ではなく
「go there」のように言う必要があります。

getは「変化」を意味するから「到着」を表わす

go を get に置き換えてみましょう。

I got to the park yesterday.
私は昨日、その公園に着いた。

go は「行く」という移動を表します。
それに対して get は「変化」を表わすのです。

「着いていない状態」から「着いている状態」への
変化と考えると分かりやすいでしょう。

『頑張らない英会話フレーズ』P179より引用)

だからget thereは「そこへ着く」という意味になる

ここまで来ればもうお分かりでしょう。

以下のように対比すれば一目瞭然だと思いますが、
get thereで「そこに到着する」という意味になるのです。

・go to ~ : ~に行く
・get to ~ : ~に着く

・go there : そこに行く
・get there : そこに着く

例文をいくつかご紹介しておきましょう。

I got there yesterday.
私は昨日、そこに着いた。

I don’t know how to get there.
どうすればそこへたどり着けるのか分からない。


  • ■約5時間分の無料動画レッスンをプレゼント中■


    英語が話せないのは「難しく考えすぎている」から――。
    あなたが思っているよりもずっと簡単に英語は話せます。

    イングリッシュ・ドクター西澤ロイが自信をもってお届けする

    「頑張らない英会話レッスン」