英語ができると得られるメリット

 

...英語ができると得られるメリット


グローバル化が進んでいる日本では、時代と共に英語の重要性が増しています。
教育の現場でも小学校から英語教育を取り入れており、ビジネスでも書類に英語が使われていたり、
海外の方との商談で英会話が使われるなど、英語が使われる機会が増してきました。
今回は改めて、英語ができることのメリットについて考えてみました。

《就職や転職に有利になる》

多くの企業にとって、英語に強い人材や英会話ができる人材は確保しておきたいもの。
そのため、英語能力がある方は就職や転職に有利な傾向があります。

一見、英語が必要なさそうな企業でも英語を必要とする場合もあります。
これから就職や転職をお考えなら、少しでも英語の勉強をして英会話を上達しておくことをおすすめします。

《仕事の幅が広がる》

英語が得意だったり、英会話ができると興味があった仕事や
やりたい仕事に就きやすくなることも多いようです。
職種や企業の選択肢も増えてきます。

また、英語を得意としていると、海外の様々な情報が得やすく
その分ビジネスチャンスに恵まれる可能性が広がるのではないでしょうか。

《昇給や昇進が見込める》

企業によって昇進の条件が、日常英会話やTOEIC700点以上など英語力が求められるケースもあります。
昇進や昇給のために英語関連の資格を取得したり、英会話を上達させておくのもいいでしょう。

《海外の人とコミュニケーションがとれる》

海外旅行やボランティアなどで海外の人と話す機会があったときにコミュニケーションが取りやすくなります。
SNSなどのソーシャルメディアでも気軽に海外の人と交流できる時代ですので、英会話ができると楽しみが広がりますね。
海外の人と会話ができると、今までとは違った価値観が得られ自分の考え方も変わるかもしれません。

《海外の本が原書で楽しめる》

日本語に翻訳された海外の小説もありますが、原書ではどのように記されているのか気になるものです。英語のリーディングが得意になれば、原作を楽しむこともできます。
また、日本語訳の本は出版されるまで通常時間がかかりますが、原作で楽しめれば出版されるまで待つ必要もなくなりますね。


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓