right awayの意味は「直ちに」。right nowとの違い

 

...right awayの意味は「直ちに」。right nowとの違い


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
あなたは、right now という表現と、
right away という表現をうまく使い分けられますか?
 

right awayの間違った使い方

先日、僕の生徒さんのお一人が、こういう英作文をしました。
 

You should think what I’m doing right away.

 
そもそものお題が「忙しい」ことがテーマで、
そこから自由に発想して英語で表現してください、
という英作文だったのです。
 
You should think what I’m doing right away.
という英文の何が問題か分かりますか?
 
僕は、こうやって添削をしました。
 

right away を使うならば、
You should think right away.
(ただちに考えるべきだ)
という風に think にかかります。
 
「私がいまやっていること」とおっしゃりたい
のであれば、right now を使って
what I’m doing right now
のように言う必要があります。

 
まあ、「ただちに考えるべきだ」と言いたければ
間違いではないのですが、かなりきつい表現に
なりますので、実際には使わない方が良いでしょう。
 
You should… だけでも結構きつく
聞こえる場合がありますから、
Maybe you should…
のように柔らかくすることや、
should という言い方を避けることも
多いです。
 
そこは本題ではないので置いといて、
right away と right now のそれぞれについて
解説していきます。
 

「right away」の意味は、日本語の「直ちに」に相当

「right away」というフレーズは、
この2語をセットで使います。
 
意味としては「ただちに」。
 
例えば、お客さんから要望を受けた
ホテルの従業員が
 

We will take care of that right away.
(直ちに、対応させていただきます)

 
のように言ったりします。
 
つまり、「これからすぐに」という意味を
表すのが right away なのです。
 

「right now」はnowをrightが強調している

それに対して「right now」というフレーズは、
「今」を表す now を、right が強調しているだけです。
 
例えば、

Do it now.
(いまやれ!)

と言いたいのを right をつけて強調することで

Do it right now.
(いますぐやれ!)

のようになるのです。
 
このような状況であれば、

Do it right away.
(ただちにやれ!)

と言っても意味はほぼ同じになりますから
その辺りが混同の原因かもしれません。
 
さて、この right で強調する用法は、
here/there でも使います。
 

It’s here.
(ここです)

というのを強調して

It’s right here.
(まさに、ここです)

のように言ったりできます。
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    TV・ラジオでおなじみのイングリッシュ・ドクター(英語のお医者さん)。
    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    日本人が「英語ができない時代」を終わらせることを目指して日々活動中。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓