英語は暗記科目ではない

 

...英語は暗記科目ではない


英語は暗記科目。

そのように勘違いしてしまっている人が少なくありません。

しかし、私ロイは強く言いたいのです。
英語は暗記科目ではなく「納得科目」だということを。

英語には英語の考え方があり、日本語のそれとは大きく違います。
ですから、文字も、音も、単語の意味も、語順も全然違います。

そんな英語を学校でどうやって教わるかというと、
カタカナ読みをして、日本語に訳します。

でも、英語を日本語の枠にはめることって、そもそもできるんでしょうか?
私は無理だと思います。

それを無理にしようとするから、暗記だらけになってしまうのです。
そして、英語が必要以上に「難しい」ものに思えてしまうのです。

英語は決して難しいものではありません。

むしろ、シンプルに学べば、子供にだって理解できるものです。
大人が理解できないのっておかしくありませんか?

大切なことは、「英語はそういうものだ」と言い聞かせたり、
暗記したりしないことです。

「どうしてそういう言い方をするんだろう?」
「どういう仕組みなんだろう?」
「どういう考え方なんだろう?」

という風にぜひ疑問を持ち、そして質問してみて下さい。

もしかすると、先生から「英語はそういうものだから覚えろ」と言われてしまうかもしれません。
でも、それを鵜呑みにしないでいただきたいのです。

すぐには答えは得られないかもしれません。
でも、疑問を持ち続け、問い続けてみて下さい。

そのうち、納得できる答えがきっと得られるはずです。

そうすると、英語が「血の通ったもの」だということが分かり、英語学習がもっと楽しくなります。
英語への理解が深まりますので、上達も加速します。

ですから、英語は「納得科目」だということをまずは知って下さい。
そして、納得できるように、ぜひ学び方を工夫してみて下さい。





  • ■約5時間分の無料動画レッスンをプレゼント中■


    英語が話せないのは「難しく考えすぎている」から――。
    あなたが思っているよりもずっと簡単に英語は話せます。

    イングリッシュ・ドクター西澤ロイが自信をもってお届けする

    「頑張らない英会話レッスン」