everyとeachの後の名詞はなぜ単数形にするのか?

 

...everyとeachの後の名詞はなぜ単数形にするのか?


every という単語の後は、名詞が単数形になります。

でも、every というのは「全部」を表す言葉ですよね。

every day といえば「毎日」
everybody といえば「全員」

どうして複数形にならないか知ってますか?

 

every という単語は「全て」を指しますが、

○ ○ ○ ○ ○

という【個別の存在を意識した上で】全てを指します。

例えば、every day(毎日)というのは

月 火 水 木 金 土 日

のように、1つ1つの曜日を意識した上で全てを指すのです。

だから every の後は単数になるんです。

 

それに対して、all はそういうものなしに「全て」を指します。

ですから例えば
all day
という表現は
「a day」の全部を指すから
「1日中」という意味になるのです。

 

every と all の違いが分かりやすい
例文を考えてみました。

同僚の家に遊びに行ったら、壁一面に本がありました。

“Have you read them all?”
(これ全部読んだの?)

“Yes, every one of them.”
(うん、1冊残らずね。)

日本語もニュアンスを合わせた「超訳」を付けましたが(笑)、
訳語は参考程度にとどめておいて下さいね。

訳なんてどうでもいいんです。

【視点の違い】を感じて下さい。

 

では次に each。

each も every と同じく、後ろに来る名詞は単数形になります。

each の意味合いは every に近いのですが、each の場合には

○ △ ■ ◎ ▼

のように、さらに「それぞれの違い」を意識します。

だから「それぞれ」という日本語に対応することが多いです。

Live every day like it’s your last.
「今日が最後というつもりで、毎日を生きなさい。」

Live each day like it’s your last.
「今日が最後というつもりで、一日一日を生きなさい。」

これも「超訳」を付けておきましたが、視点の違いを感じて下さいね。

every でも充分、それぞれの「日」を意識しています。
でも、each の方が、一日一日の個別性を感じませんか?

もう少し例を出しておきましょう。

I enjoy every moment of my life.

I enjoy each moment of my life.

I enjoy each and every moment of my life.

最後の each and every というのは1つ1つをとても強調している表現です。

P.S.

因みに「視点」というのは、うまい訳をつけるときのポイントだったりします。





  • 無料 2週間メール講座

    「もしかして、、自分は一生 英語を話せないのでは?」




    英会話学習に苦しみ、弱気になっているあなたへ...。

    今までに3,000人以上が効果を実感しています!
    本気で英語をマスターしたい方のご登録をお待ちしております