英会話の研修講師を探す前に考えるべきこと

 

...英会話の研修講師を探す前に考えるべきこと


英会話研修が失敗する2つの落とし穴とは?

こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤ロイです。

とある会社さんから、「英会話の研修をやろう」という話が
出たということで連絡をいただき、ミーティングをしてきました。

「英語」ということで、真っ先に私のことを思い出して
くださったとのこと――。
非常に嬉しく、ありがたいことです。

私が実際に講師をやらせていただくかどうかは置いといて、
まずは、その会社さんの英会話研修がうまく行って欲しい……
という想いから、イングリッシュ・ドクター流の
うまく行くための考え方をお伝えさせていただきました。

「週に1~2回のレッスン」ではダメな理由

まずヒアリングをしてみると、
週1回のレッスンでは少ないだろうから、
週2回で考えている、ということでした。

もちろん、週1回では少ない、というのは
その通りですが、週2回でも少ないです。

いや、そもそも、それが「何の時間なのか?」を
しっかりと理解しておくことが重要です。

もし、
「英会話の講師を呼んで、レッスンを受ける」
という想定なのであれば、うまく行かない可能性が
高いと言えます。

なぜなら、社員さんは
「生徒として先生に教わろう」
というマインドになってしまうからです。

そのようなマインドになってしまうと、
週に1~2回のレッスンを受けただけで満足……
となりがちです。

結果、数ヶ月間レッスンをしても、
ほとんど身につかない、というケースがよくあります。

特に、会社で行なう研修となると、そもそも
社員さんには「やらされ感」が出やすいもの。

自主性を引き出す工夫をきちんと行なわないと、
受身でレッスンをこなすだけになってしまいます。

英会話レッスンは「練習試合」

特に、ネイティブやバイリンガルの英会話講師との
レッスンになると、生徒さんはたくさん英語を
使う練習をさせられます。

テキストがある場合もあるでしょうし、
フリートークのような場合もあるでしょう。

いずれにせよ、そういった英会話レッスンは、
スポーツに例えるなら「練習試合」に当たる
ことを知っておく必要があります。

つまり、大切なのは、普段の練習――。

素振りや走り込みに当たるトレーニングを
していないと、試合で実力は出せません。

ただ試合に出続けるだけで上達する人なんて
いませんから。

つまり、レッスン以外の時間の過ごし方が
大切なのです。

日頃から如何に英語に対する意識を持ち、
使うことができるか?

特に、仕事上で英語を使う機会がまだない
場合には、ここは非常に重要ですね。

まとめ:大切なのは……

ただ英会話講師を呼んで、レッスンをするだけでは
なかなか成果は上がりません。

社員さんがやる気を出し、自主的に学ぶようになり、
望む「上達」という成果がしっかりと出るように
きちんと「仕組み」を作ることを考えてくださいね。

P.S.
これから英会話研修を行ないたい会社さま、
既に研修を実施しているが、思うような成果が
上がっていない企業さま。

ご要望がありましたらアドバイスやコンサルティングも
させていただきますのでお問い合わせください。


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓