「コングラチュレーション」は「おめでとう」? その意味と正しい使い方

 

...「コングラチュレーション」は「おめでとう」? その意味と正しい使い方


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
「コングラチュレーション」という言葉を
「おめでとう」だとただ覚えてしまっていませんか?
 
外国人相手に「コングラチュレーション!」と言ってしまうと
実はちょっともったいないのです。
 
せっかくですので、その意味と正しい使い方を
押さえておきましょう。
 

「コングラチュレーション」を英語で言うと…?

コングラチュレーションは英語にすると
congratulation
です。
 
そして「おめでとう!」と言いたい時には
Congratulations!
のように複数形にするのが正しいのです。
 
ぜひしっかりと「コングラチュレーション!」
のようにしっかりと「ズ」まで言うようにしてください。
 
一体なぜでしょうか?
 

congratulationの意味

congratulationには「祝賀」という意味もありますが
「お祝いの言葉、祝辞」
という意味もあるのです。
 
もし「コングラチュレーション(Congratulation)」
としか言わなかったら、お祝いの言葉がたった一言だけ
ということになってしまいます。
 
でも、お祝いの言葉って
「おめでとう! 本当に良かったね。私も嬉しいよ」
みたいな感じで、たくさんかけるものですよね。
 
だからこそ、
「コングラチュレーション!(Congratulations!)」
のように複数形にすべきだとお考えください。
 

Congratulations!の使い方

「コングラチュレーション!」
は単なる「おめでとう」ではありません。
 
例えば、「お誕生日おめでとう」はもちろん
Happy Birthday!
ですし、「新年明けましておめでとう」も
Happy New Year!
ですよね。
 
成功などに対して祝福する言葉であり、
努力したことに対して使うのが通例です。
 

結婚式で言って良いか?

「努力」を匂わせることから、ひと昔前までは
結婚した女性(新婦)に対して言ってはいけない、
と言われていました。
 
想像してみてください。
結婚した女性が、みんなから「よく頑張ったね」と
言われるシーンを……。
 
男性なら、意中の女性を射止めるために
頑張ったことに Congratulations! は
良いのですが、女性にそのように言うのは失礼、
というのがひと昔前までは言われていました。
 
ただ、現在では単なる「祝福の言葉」として
新婦に対しても普通に使われるようになって
います。
 





  • 無料 2週間メール講座

    「もしかして、、自分は一生 英語を話せないのでは?」




    英会話学習に苦しみ、弱気になっているあなたへ...。

    今までに3,000人以上が効果を実感しています!
    本気で英語をマスターしたい方のご登録をお待ちしております