英会話。まずやるべき「たった1つ」のこと

 

...英会話。まずやるべき「たった1つ」のこと


「英会話ができる」ようになろうとしない

「英語がしゃべれるようになりたい」という人は
多いですが、どうやったら「しゃべれる」ように
なるのかを理解している人はあまり多くありません。
 
私が学習者の方を見ていて思うのは、
色々と複雑に考えてしまっている人が多い
ということ。
 
もちろん、英会話の全部をやろうとしてしまうと
非常に難しいです。
 
相手の言っている英語を聞き取って、
その内容を理解し、
それに対して言いたいことを考え、
それを英語にして、
通じる発音で言う――。
 
こうすると、リスニング力に、リーディング力に、
ボキャブラリー(語彙力)に、文法力に、英作文力に、
発音スキルなど、英語のほとんどのスキルが
必要になってしまいます。
 
ぜひ「英語を話す」ことを、
もっともっとシンプルに捉えることを
オススメします。
 

英語で言いたいことが言えますか?

私がオススメしたいのは、英会話の中でも
「言いたいことが言える」
ようにするところを最優先することです。

 
ちょっと極端に聞こえるかもしれませんが、
少しくらい「発音」が良くなくても、
大きな声で(何回か)しゃべれば、
最悪、スペルを書けば、伝えることができます。
 
また、「リスニング力」があまりなくて、
相手の言っていることが分からなくても、
ゆっくりしゃべってもらうことができます。
 
また最悪、自分の言いたいことさえ
伝えられれば、一方的ではありますが、
最低限のコミュニケーションができます。
 
英語に悩む、多くの日本人の方が抱える問題は、
「自分の言いたいことを英語にできない」
ということなんです。
 

英語を自信をもって話せるようにするためには

ちょっとした一言であっても
「自信のある英文が作れない」
人が多いんですよ。
 
そうすると、長い発言を堂々とすることなど
いつまで経ってもできませんよね。
 
例えばですよ、
「私は3年前から東京に住んでいます」
を英語で言えますか?

 








 
I have been living in Tokyo for three years.
 
ここで、私なら「ずっと」という感じを出すために、
have been ~ing(現在完了進行形)
にします。
 
別に他の言い方をしたっていいんです。
過去形や、現在完了形にした人もいるでしょう。
 
大事なことは・・・
 
その英文に自信を持てますか?
 
自信が持てるならば、素晴らしいと思います。
 
しかし、自信が持てないならば、
答えをいくら暗記してもダメなんです。
 
だって、英語の気持ちが分からない限り、
自信を持って英語を話すことはできませんから。
 

しゃべれるようになりたければ英会話!?

英会話をたくさん経験すれば
しゃべれるようになる……。
 
そんなCMもありますから、
そのように思っている人もいるかもしれません。
 
でも私、イングリッシュ・ドクターに言わせると、
みんな土台がスカスカ/グラグラなんです。
 
日常英会話の8割は、約1,000単語の中学英語です。
 
英語の基本をしっかりと見直し、理解し、
使えるようになることが大切なのです。
 

「英会話クリニック」に参加された方のご感想

とても楽しかったです。
「掘り下げて」言うことの大切さを実感しました。

 

自分のできるところ、できないところが明確になり、
楽しいです。ありがとうございました。

 

通常の英会話学習と違って、楽しく学ぶことができました。
「考え方を変える」「視点を変える」のが第一歩ですね。

 



  • 無料 2週間メール講座

    「もしかして、、自分は一生 英語を話せないのでは?」




    英会話学習に苦しみ、弱気になっているあなたへ...。

    今までに3,000人以上が効果を実感しています!
    本気で英語をマスターしたい方のご登録をお待ちしております