althoughとthoughの使い方の違いを教えて!

 

...althoughとthoughの使い方の違いを教えて!


英語学習者

ロイさん、質問です。
 
「Just In Case」を使って勉強していたら、
He kept working although he was tired.
という英文が出てきました。
 
although とthough の使い分けが分からないので
教えてください。
 


 

although と though の使い方

イングリッシュ・ドクター

この2つは、非常に似ていますね。
 
ただ、その違いを説明する前に、
これらの「使い方」をしっかりと理解しておく
必要があります。
 
although や though の使い方、
分かりますか?
 
英語学習者

うーん、ちょっと怪しいですね・・・
 
イングリッシュ・ドクター

although や though の
「品詞」は分かりますか?
 
英語学習者

接続詞です。
 
イングリッシュ・ドクター

正解です☆
 
ただ、その通りなんですが、
「接続詞」の中でもさらに
「従属接続詞」
に分類されるんです。
 
従属接続詞というのは、
「文を従える」
という意味であり、ここを理解しておかないと
正しい使い方が理解できません。
 

イングリッシュ・ドクター

日本語で例を出しましょう。
 
小さい頃、勉強が嫌いでした。
勉強する前に、ごはんを食べた。
面白いけど、やっちゃダメ。
 
小さくなっている前半部分が
「従文(じゅうぶん)」
で、大きくなっている後半部分が
「主文(しゅぶん)」
と呼ばれます。
 
主文がメインの情報であり、従文はそこに
「おまけ情報」を付け足しているようなものです。
 

 
イングリッシュ・ドクター

英語では、従属接続詞の後に「従文」が来ます。
 
つまり、
He kept working although he was tired.
 
When I was little, I just hated to study.
 
のような文においては、下線部が従文になるのです。
 

イングリッシュ・ドクター

主文 従属接続詞 従文
  
従属接続詞 従文, 主文
 
という2通りの使い方がありますが、
従属接続詞の位置がルールで決まっているのです。
 

英語学習者

なるほど。
使い方は分かりました。
 
では、although と though はどんな風に
違うんですか?
 


 

although と though の違い

イングリッシュ・ドクター

although と though の違いは、とても微妙なんです。
 
敢えて言えば、although の方が堅いので
書き言葉に向いています。
 
英語学習者

なるほど。
 
じゃあ、会話では though を使えば
いいということですか?
 
イングリッシュ・ドクター

まあそうなんですけど、従属接続詞を使って
「~だけれども」
と言うのって、ハードルが高くないですか?
 
語順が逆になりますが、
He was tired, but he kept working.
のように but を使った方が、断然簡単ですよ。
 

英語学習者

確かに!
 


 

会話での though の使い方

イングリッシュ・ドクター

会話では、もう1つの though の用法が
よく使われます。
 
分類するならば、「接続詞」ではなく、
「副詞」になりますが、
 
He kept working. He was tired, though.
のように、最後に付け足すんですよ。
 
最後の though は
「・・・なんだけどね」
と付け足すような気持ちで言ってみてください。

  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓