「二刀流」を英語で言うと?(大谷翔平選手が歴史的な初勝利)

 

...「二刀流」を英語で言うと?(大谷翔平選手が歴史的な初勝利)


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
エンジェルス(Angels)の大谷翔平選手が、
メジャー初登板で歴史的な初勝利を挙げましたね。
 
ということで、第119回目の「5 Minutes English」では
大谷翔平選手のことを紹介したLA Timesのコラム記事を
取り上げました。
 
そして、今回のテーマは「二刀流」。
これを英語でどう表現すればよいか、分かりますか?
 

PodCastでお聴きになりたい方はこちら

↓↓↓

      #119 5 Minutes English

 
YouTube はこちら。
↓↓↓

 
【情報源】
Angels’ Shohei Ohtani is a Japanese comic book fantasy come to life
 
↑ニュースの原文は「ハードルが高い」と思う方は
無料アプリ「英読(えいどく)」をどうぞ。
 

「二刀流」は英語でtwo-swordで良いのか?

「二刀流」は、日本文化的な表現です。
 
英語にそのまま訳すならば、
「two-sword」
と言えるでしょう。
 
「宮本武蔵」のような剣士を指して、
He was a two-sword samurai.
などと言うことができます。
 
しかし、大谷翔平選手に関する、野球での
「二刀流」は比喩に過ぎません。
 
実際に、刀を2本持っているわけでは
ありませんからね。
 

野球における「二刀流」を英語では…?

英語には「two-way player」という言い方が
存在し、これが「二刀流」に当たります。
 
ただし、その結論をただ暗記するのでは
つまらないので、英語の意味をもう少し
深く見ていきましょう。
 
「two-way」というのは「双方向」。
 
この表現がよく使われるのは、
バスケットボールですね。
 
「攻撃(offense)」と「守備(defense)」では
進む方向が違いますが、その「双方向(two-way)」
で優れている選手を「two-way player」と
称するのです。
 
つまり「two-way player」とは
「守備にも攻撃にも優れた選手」

という意味合いなんですね。
 


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓