アイスキャンディーを食べた犬

 

...アイスキャンディーを食べた犬


■ニュースの要点

アメリカ、ウィスコンシン州からのニュースです。

飼い犬のタッカーが、アイスキャンディーを食べ、体調を悪くしました。

そして2日後、まだ体調が回復しないタッカーは
カーペットの上にもどしてしまいます。

しかし、そこで見つかったのは、なんと・・・

 

5年前になくしたはずの結婚指輪

 

でした。

 

■情報源&英文引用元

Hero dog solves five-year-old mystery in most unusual way

■気になった英語表現<その1>

————————————————–
A dog helped solve a five-year-old-mystery after
it got sick eating a Popsicle.
1匹の犬が、アイスキャンディーを食べ、体調を崩すこと
により、5年越しの謎を解く手伝いをした。(ロイ訳)
————————————————–

help は元々 help to (do) のように to不定詞を取って
「~するのを手伝う/助ける」
ことを意味しますが、特にアメリカ英語では to を省略
して、help (do) のように言います。

(do) は「動詞の原形」を表しています。

get sick は「体調を崩す」「気持ち悪くなる」ということですね。

Popsicle というのはアイスキャンディーの商品名です。

■気になった英語表現<その2>

————————————————–
Tucker the Mutt’s owners call him a food thief,
so it was no surprise to them when he ate the entire Popsicle.
雑種のタッカーは、飼い主には「食べ物泥棒」と呼ばれて
いたため、アイスキャンディーを平らげたことは驚きでも
なんでもなかった。(ロイ訳)
————————————————–

Mutt というのは「雑種」のことのようです。

Tucker the Mutt という言い方がよく分からないかもしれませんが、
Jack the Ripper(切り裂きジャック)
と同じ表現です。

it was no surprise は「驚きなんかじゃない」という感じです。

eat the entire Popsicle で「全部を平らげる」ということですね。

■気になった英語表現<その3>

————————————————–
It was a surprise two days later when Tucker threw
up. But the even bigger surprise was found within
the mess he made on the carpet.
だから2日後にタッカーがもどしたのは驚きであった。
そして、さらに大きなサプライズが、カーペットの上の
吐しゃ物の中に見つかった。(ロイ訳)
————————————————–

これは、先ほどの
it was no surprise…
を受けて、
It was a surprise…
とつながっています。

was を強く読んでくださいね。

throw up は食べたモノなどを「もどす」ことですね。
もうちょっと直接的な英語だと vomit と言います。

mess は日本語にちょっと訳しづらいのですが
「汚ないもの」「散乱したもの」「ゴミの山」などを指す単語です。

■気になった英語表現<その4>

————————————————–
Matykowski lost her ring five years ago.
Several searches of her home proved fruitless.
マティコウスキーさんは5年前に指輪をなくし、家を
何度も探したが成果は上がらなかった。(ロイ訳)
————————————————–

lost と過去形にしてあるのは
「5年前になくした」
という過去の話をしているからですね。

もし
have lost…
と言ったとしたら、「過去になくして、今ない」
という意味になります。

fruitless の fruit は「成果」を表しています。

prove は「証明する」という意味ですが、
ここでは「~であることを示す」という感じです。

prove fruitless ですから「成果がないことを示す」、
つまり、「成果が上がらない」ということですね。

■気になった英語表現<その5>

————————————————–
An X-Ray showed no more treasures hidden inside the dog.
レントゲンの結果、犬の体内にそれ以上の貴重品は
ないことが分かった。(ロイ訳)
————————————————–

X-Ray(X線)は「レントゲン」のことですね。

この文は非常に英語らしい表現ですので、ぜひ文字通りに
味わって下さいね。

An X-Ray showed…
レントゲンが示した

no more treasures hidden…
隠れた宝はもうない

inside the dog.
犬の中に

実は私、この文を読んだ時、笑ってしまいました。

さすがは「food thief」ですが、まさかレントゲンまで取られるとは・・・(笑)


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓