「英会話クリニック」であって「英会話スクール」とは違います

 

...「英会話クリニック」であって「英会話スクール」とは違います


通常の英会話スクールには
「先生」がいます。
 
しかし、西澤ロイの
「英会話クリニック」には
「先生」はいません。
私はいわば
「ファシリテーター(学びを促進する人)」なんです。
 
英会話スクールは、
英語を「教わる」ことによって
「英語を身につける」場ですよね。
 
しかし、この英会話クリニックでは、
英語は“教え”ません。
 
なぜなら、
「英語はこういうものだ」
「この英語が正しい」
などと教え込んでしまうと、
逆に上達を阻害してしまうからです。
 
その代わりに、
「英語の身につけ方」を学んでいただきます
(「教える」のではなく「気づき」が重要です)。
 
英語が身につけられる自分になってしまえば、
自分の力で英語が身につけられますよね。
 
 
 
従来の英会話スクールの構造的な問題点は、
生徒さんが卒業せずにずうーっと
通い続けた方がビジネス的にうまく
行ってしまうというところなのです。
 
それが問題だと思うからこそ、
私の英会話クリニックでは
「英語の身につけ方」をお伝えしたいのです。
 
そして、英語学習者のみなさんには、
自由に飛び立ってもらい、たくさんの
経験値を積んでいただきたいのです。
 
そのための「止まり木」のような
存在でいたいと思っています。
 
 
 
英語は、人から教わって
身につく/できるようになるもの
ではありません。
 
自分で学び、使い、
経験を積まなければならないのです。
だからこそ、「クリニック」が必要なのです。
 
本来、人は誰でも言語を身につけ
られる能力を持っています。
 
それを忘れてしまっている人が
多いですから、まずは
「リハビリ」がいるでしょう。
 
しかし、英語が既に話せることを
思い出せたなら、あとはぜひ
飛び立つべきなのです。
 
飛び立つ勇気が持てないならば、
「心のケア」を提供します。
 
一度飛び立って、
傷ついた時や迷った時にも、
「癒し」を求めて帰ってきてください。
 
それが、
「イングリッシュ・ドクター」の私、
西澤ロイが「英会話クリニック」
という言葉に込めた意味なのです。
 



  • 無料 2週間メール講座

    「もしかして、、自分は一生 英語を話せないのでは?」




    英会話学習に苦しみ、弱気になっているあなたへ...。

    今までに3,000人以上が効果を実感しています!
    本気で英語をマスターしたい方のご登録をお待ちしております