私が年賀状をやめない理由

 

...私が年賀状をやめない理由


こんにちは、イングリッシュ・ドクターの西澤 ロイです。
 
世間では、年賀状をやめる人が増えていますね。
 
切手代も62円に完全に値上がりしてしまいましたし、
今年はやめる人が結構増えるのではないかと想像しています^^
 
 
先日も、とあるランチ会に参加したら、
一人の女性が「やめようかと思っている」と
発言していました。
 
 
でも、そもそも年賀状とは何なのか?
 
そこを考えずに、ただ続けている人や、
やめようかどうかを迷っている人が多いんですよ。
 
 
実は、言語の仕組みを考えると、
年賀状というものが見えてくる
んです^^
 
なので、英語とはちょっと離れますが、
年賀状のお話を今回はしてみようかなと思います。
 
 
そもそも言語には、
「意味のない部分」と「意味のある部分」
とがあります。
 
もっと正確に言うと、
 
↑————–
↑意味のある部分
↑————–
↑意味のない部分
↑————–
 
このように、意味のない部分に支えられて
意味のある部分が成り立つように
できているのです。
 
例えば、挨拶を考えてみましょうか。
 
「おはよう」や「こんにちは」
 
という言葉にどれだけ意味があるでしょうか?
 
 
「みんなが同じ言葉を発している」という時点で
その言葉自体には、もうほとんど意味がありません。
 
でも、そういう言葉を掛けあうことに
意味が生まれるんです。
 
ですから、意味があるのは言葉自体ではなく、
挨拶というやり取りなんですよ。
 
逆に、挨拶をしなかったら・・・
と考えると、挨拶が生む意味が分かり
やすいかと思います。
 
 
さて、年賀状はどうでしょうか。
 
これもかなり形式的な(≒意味のない)
ところがあります。
 
多くの人が送っている年賀状は、
干支の動物と、形式的な(≒意味のない)
挨拶文がプリントされているだけだったり
しますよね。
 
 
それだと味気ない、と思う人は、そこに
手書きでメッセージを書き添えることで
「意味」を加えようとします。
 
宛名を筆などで手書きする人もいます。
 
もちろん、中にはもっと個性的な年賀状を
作って出す人もいますよね。
 
 
で、最終的には、年賀状をやり取りする
という行為に
 
「どれだけの意味を見出せるか」
 
という問題なんです。
 
 
わざわざ、手書きでメッセージを書いたり
するのを面倒に感じている人。
 
自分が送る年賀状に個性を出していても、
受けとる年賀状が味気なさすぎると
感じている人。
 
仕事につながるかも・・・と
関係性の薄い人にも“義理”で年賀状を
出していた人。
 
そういう人たちは、遅かれ早かれ
「年賀状に意味があるの?」
という問題を突きつけられるのです。
 
義理なんて、意味のないことの典型です
からね。
 
 
先ほどご紹介した、ランチ会で
「年賀状をやめようかと思っている」と
発言していた女性は、義理でいろんな人に
年賀状を出していたタイプです。
 
つまり、
「年賀状なんてコストに見合うの?」
という疑問にぶち当たっているわけです。
 
意味のない年賀状を、義理で送ることに
対してはNOという答えが出るでしょうね。
 
 
ただ、もったいないと思うのは、
 
「やるかやめるか」
 
という二択で多くの人が考えていることです。
 
そして、「やめる」という極端な結論に
行ってしまっていることなんです
 
 
私の話に行きますと、
私は年賀状をやめるつもりはありません。
 
なぜなら、年賀状を送ることに対して
「きちんとした意味を見出している」
からです。
 
どんな意味を見出しているかと言うと、、
私の年賀状は、近況報告になっているんです。
 
文字がかなり多くて、画像を1~2枚
プリントしてあります。
 
つまり、
 
・昨年、どんな出来事があったのかを
自分で振り返るキッカケになる

 
・大事な人たちに、自分の近況を報告する
 
という意味合いを、私は年賀状に見出しているんです。
 
ですから、別に年賀状が10円値上げしようが
関係ないんです。
 
 
つまり、何が言いたいかと言うと、
この問いの本質は
「年賀状に意味があるか?」
ではないんです。
 
だって、言語というものは既に
「意味のないもの」の上に成り立っている
からです。
 
大事なのは、
 
「どれだけの意味を、年賀状に対して見出すか?」
 
なのです。
 
この問いをせずに、「意味がない」「無駄」などと
短絡的な結論を出してしまう人が多いことは
本当にもったいないと思うんです。
 
 
「ただ形式的な年賀状を送る」ことは
私もやめた方がいいと思いますよ。
 
でも、それは「年賀状を送ることをやめる」のではなく
 
「意味のある年賀状を送りませんか?」
 
という意味です。
 
 
今年でやめようと思っていた方。
以前にやめてしまっていた方。
 
あなたの個性を表現した、新しい年賀状を始めるチャンスですよ。
年賀状を届けたい、大事な人を見極めるチャンスですよ。
 
別に元旦に届かなくったって、問題ありませんからね。
 
P.S.
私ロイは、大事な友人たちや、親戚、そして、
私の活動を応援してくれる「ロイ友」の方たちに
毎年、年賀状を出し続けます。


  • この記事を書いた人

    イングリッシュ・ドクター 西澤ロイ

    英語が上達しない原因となっている「英語病」をなおす専門家。
    TOEIC満点(990点)、英検は4級。獨協大学英語学科を卒業。言語学を専攻。

    著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計9冊で累計15万部を突破(書籍の一覧はこちら
    北海道新聞「ひと2014」欄、雑誌「CNN english express」の巻頭インタビュー、「プレジデント」「日経WOMAN」「THE21」をはじめ、雑誌やTV、ラジオなどメディア出演多数。

    ■あなたはこの英語音声が聞き取れますか?■


    (先生を含む)日本人のほとんどが知らない
    「英語の正しいリスニング方法」についての
    特別セミナー動画(2時間分)を無料公開中

    ↓↓あなたはこの英語音声が聞き取れますか?↓↓