英語を「続ける」技術

『英語を「続ける」技術』

出版社:かんき出版
出版年月:2012年10月
部数:約10,000部(2刷)
ISBN:978-4761268657

英語以外にも使えるとビジネスマンに人気!

『英語を「続ける」技術』Kindle版もあり。

 

 

『英語を「続ける」技術』執筆への想い

「英語学習が続かない」
「英語はワケが分からない」
「英語が嫌い」
多くの方がそんな三重苦に悩まされています。

脳科学、言語学、心理学を活用することで、それらを解消して、
「英語が好きになり、続けられ、そして上達する」ようになる。

そんなお手伝いがしたいと思って執筆いたしました。

こんな方にオススメ

・これから英語を学ぼうと思っているが、何から始めたらよいか分からない。
・英語への苦手意識が抜けない。
・英語の挫折経験はあるが、あきらめたくない。

『英語を「続ける」技術』にいただいたご感想

 

英語の本ですが、英語だけではない本です。
途中で挫折してしまう人
時間がなく忙しい人
苦手意識があって出来ないことがある人
やり遂げたいことがある人

は是非読んで下さい!

自分がいかに思い込みによって制限されているか分かります。
(相沢知宏さま)

 

自分もくじけそうな気になっていたけどまた続ける気になった。
この本は本気で英語の勉強をする前に読むべき本かもしれない。
(窪田信太郎さま)

 

この本に書かれている技術は「英語」限ったことではありません。
他の勉強や仕事にも応用できることが多々書かれていますので、いろんなことが「続かない」「続けられるようになりたい」と思っている人にはお勧めですよ^^
(技術屋かずさま)

 

この本を読んで、ようやく自分が英語の勉強を続けられなかったわけがわかりました!!
そうか、そういうことだったのね!!
ロイさん、素敵な本をありがとうございました!!
今度こそ、英語を身につけたい方に最適です^^
(MOMOさま)

 

アマゾンでの『英語を「続ける」技術』へのレビューはこちら

目次

・はじめに 英語が続けば「人生」がうまくいく!
・第1章 英語を続ける 「続かない」→「続く」
 1 なぜ、英語が続かないのか?
  英語が続かないのには理由がある
  潜在意識を味方につければ続けられる
  勉強だとは思ってはダメ
  英語の達人が必ずやっていること
 2 潜在意識を活用した、脳を生かす英語学習
  脳を生かす学習をしよう
  まずは「興味を持ち続けること」を目標に
  ハードルを上げない
  続かなくても自分に優しく
 3 さらに脳を生かした学習をするためのヒント
  「英語ができる」イメージを持とう
  「できるはず」と思えば脳が活性化する
  5つのNGワード
  単語帳をまるまる1冊やろうとしない
 4 簡単に英語が続けられるテクニック
  1日1つ新しい単語を調べよう
  続けていることを自画自賛しよう
  英語を「同居人」にしよう
第2章 効率的に上達する 「非効率」→「効率」
 1 英会話を効率的に学ぶ
  英語が話せる5つの力
  「単語」は中学レベルで十分
  「発音」がよくないのは日本人だけではない
  ネイティブの活用法
 2 リスニングを効率的に学ぶ
  なぜ、リスニングが苦手なのか?
  リスニング力の本当の高め方
  最も簡単に結果が出る「確認リスニング」
 3 ボキャブラリーを効率的に増やす
  なぜ、単語が覚えられないのか?
  脳を生かした暗記をするには?
 4 効率的な学び方の秘訣
  英語はシンプルだから難しく思える
  haveの概念
  日本語が学習の邪魔をしてしまう
  1つの手段にこだわり続けてはいけない
 5 英語学習を工夫するためのコツ
  教材がよいから上達するのではない
  やりっぱなしにせず、「フィードバック」を得よう
  何のためなのか「目的」を考えよう
  工夫できる人が上達する
・第3章 英語が好きになる「嫌い」→「好き」
 1 英語が好きになる方法
  メンタル(心理)面がとても大事
  英語が嫌いだと上達できない理由
  英語嫌いの克服法
 2 前向きな気持ちで英語学習を続けるヒント
  失敗という勲章
  わからないことはダメではない
  疑問を大切にしよう
  疑問の放置は百害あって一利なし
  うまくいかないときには「やり方」を見直そう
・おわりに